FC2ブログ
プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.1.6 女性活躍と女性の人権めぐり、東京弁護士が男女共同参画シンポ

女性活躍と女性の人権めぐり東京弁護士会が男女共同参画シンポ

東京弁護士会は、男女共同参画をさらに推進するために、新たに設定した課題を盛り
込んだ第二次基本計画を2016年10月に策定したことを記念してシンポジウムを開催。
2人の子どもの育児とキャリアを両立させ、厚生労働省の局長、内閣府政策統括官、
厚生労働省事務次官をつとめた村木厚子さん、女性が働く上での心構えやネットワーク
づくりの工夫、男女共同参画社会の実現のためにいま求められていることなどについて
基調講演を、その講演を受けて、企業の中での男女共同参画の推進に先駆的に取り組
んでいる北城恪太郎さん、男女共同参画推進を女性の人権の立場からとらえる竹信三
恵子さん、東京弁護士会の斎藤義房さんによるパネルディスカッションを行い、弁護士会
を含む社会全体での男女共同参画推進の意義とあり方を探ります。

2017年1月6日(金)午後6時~(開場午後5時30分)
弁護士会館2階講堂クレオAB(定員200名)

1.基調講演
   村木 厚子 さん(伊藤忠商事株式会社社外取締役、元厚生労働事務次官)
2.報告「東京弁護士会第二次男女共同参画基本計画について」
   浦岡 由美子(東京弁護士会男女共同参画推進本部副本部長)
3.パネルディスカッション「これからの男女共同参画社会のあり方を考える」
   パネリスト
   北城 恪太郎 さん(日本アイ・ビー・エム株式会社相談役)
   竹信 三恵子 さん(和光大学教授、元朝日新聞記者)
   斎藤 義房(東京弁護士会男女共同参画推進本部本部長代行)
   コーディネーター 太田治夫(東京弁護士会男女共同参画推進本部事務局長)

※シンポジウム当日、元最高裁判事の山浦善樹会員(夫婦別姓訴訟で同姓を規定した
民法750条を違憲とした判事5人のうちでただ一人、国には民法750条を改廃しなかった
立法不作為の責任があるとして、原告に損害賠償すべきだという見解を示した)も参加さ
れ、会場よりご発言いただけることになりました。

無料・事前予約不要

一時託児所の設置
臨時保育所を設置します。対象は、 生後6ケ月以上の方(但し、定員を超えた場合や、
健康状態によっては引き受けられないこともあり。)
12月21日17時までに下記の問合せ先に申込み。

主催:東京弁護士会  
後援(予定):日本弁護士連合会 関東弁護士会連合会 第一東京弁護士会 第二東京弁護士会
問い合わせ先
東京弁護士会人権課 TEL:03-3581-2205
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。