FC2ブログ
プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/16≪公開講座&支援者向け研修会≫ **性被害にあってもSOSを出せない女性たち***

ポルノ被害と性暴力を考える会(PAPS)が、
11月に横浜男女共同参画センターとの協働事業で公開講座を行います。
現在注目されている若年女子を支援しているColabo代表の「仁藤夢乃さん」の講演と
婦人保護施設現場か らの報告で、性産業や性暴力にまきこまれやすい
軽度知的障害女性についてとりあげます。
━━━━━━
性被害を受けた女性たちは、警察や周囲の人になかなか相談できないでいる事実があ
ります。
分けても、軽度の知的がい害をもつ女性たちの中には、自分がとても困った事態に落
ち込んでも、言葉に出してSOSを発し、ひとに訴えることがとても苦手な人たちがい
ます。彼女たちは支援が必要であるにも関わらず、福祉の支援の手が届きにくい状況
にあります。彼女たちには必要な情報が届きにくかったり、利用するための支援を得
られていなかったりするからです。

彼女たちにとって、理解しやすい形で情報を提供したり、寄り添って支援するこ
とが必要なのですが、障がい者福祉の谷間にあって、重度の障がいを持つ人たち
とはまた異なった生活困難を抱えて生きています。

夜の街をさまよう若い女性の支援をしている仁藤夢乃さんからは、軽度の知的障害の
ある女性たちが街なかに放り出され、いかに生きにくさを抱えているかの実態を話し
ていただきます。
婦人保護施設で長年性的搾取を受けてきた女性たちの支援をしてきた横田千代子さん
からは、夜の街からも放り出されて行き場を失い、生活再建を求めて婦人保護施設に
辿り着き、施設を経て再生していく女性たちの状況を語っていただきます。

街を歩いていると性風俗の関係者やスカウトマンの方がずっと彼女たちの気持ちに寄
り添い適切な支援をしているかに見えます。実際には、彼女たちは性的に搾取される
場合が多いのです。
日ごろ福祉の現場にいる支援者たちがなかなか取り組めていない、軽度の知的障がい
のある女性の性的トラブルにより生きずらさを抱えている彼女たちへの支援のあり方
を探っていきましょう。


≪公開講座&支援者向け研修会≫
**性被害にあってもSOSを出せない女性たち***
―――助けて! でも・・誰に相談したらよいのか分からない ―――

講師:仁藤夢乃さん(一般社団法人 Colabo代表)
 「街中で見られる、性産業に巻き込まれている軽度知的障害の女性の実態」
講師:横田千代子さん(婦人保護施設 いずみ寮寮長)
 「婦人保護施設に辿り着いた軽度知的障害の女性たち」

日時:2016.11.16(水) 13:30 ~ 16:00(13:00開場)
会場:フォーラム南太田 3F大研修室(横浜市南区南太田1-7-20)
対象:性被害にあった女性の支援に関わっている人、知的障がい者に関わっている人

定員:50名
参加費:1000円(学生500円)
企画実施:PAPS(ポルノ被害と性暴力を考える会) http//paps-jp.org

申し込み:お名前・所属・連絡先記入の上下記に
fax:03-6304-2554
     メール:paps@paps-jp.org
詳細お問い合わせ:横浜市男女共同参画センター・フォーラム南太田
     ℡:045-714-5911


【PAPSへのカンパのお願い】
現在、PAPSとLighthouseでは2015年4月からポルノ被害、性風俗被害に関する相
談支援事業を行っています。2016年10月10日時点で、相談者の累計240名にな
ります。
東北・関西・九州・北海道など東京以外の相談が増えてきています。遠隔地の相談者
の場合には、現地の支援者や弁護士との連絡調整を図るためにスタッフが現地に赴い
たりしています。
このような活動をするためには交通費や滞在費などがかさむので実効ある支援体制を
なかなか構築できないのが現在の大きな悩みです。

郵便振替口座:団体名 ポルノ被害と性暴力を考える会 番号 00190-3-565606

************************
ポルノ被害と性暴力を考える会編の出版物
○『森美術館問題と性暴力表現』(不磨書房2013.8)1,890円+送料
○『証言 現代の性暴力とポルノ被害 ~研究と福祉の現場から』
  東京都社会福祉協議会2010.11)1、905+送料
○リーフレット「AVに出演させられそうになっていませんか」 送料(+カンパ)のみ
○賃社編集室、発売:旬報社「賃金と社会保障 特集AVポルノ被害 1月合併号」
「まだ可視化されていない アダルトビデオ産業の性暴力被害と若者の貧困」
     賃社編集部了解のもとにコピーの実費+送料=300円で頒布

書籍の申し込みは住所・氏名・希望部数を記載のうえ mail:paps@paps-jp.org
か、FAX(03-6304-2564)までご連絡ください。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。