プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄からはっきり見える 基地・軍隊と人権

沖縄からはっきり見える 基地・軍隊と人権

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日時/7月31日(日) 午後2時~4時
場所/名古屋市教育館 講堂
講演/高里鈴代さん
1940年生まれ、那覇市女性相談員7年、那覇市議会議員4期を務め、現在「強姦救援センター・沖縄」
代表、「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」共同代表、「島ぐるみ会議」の共同代表

デモ出発 4時半
主催/あいち沖縄会議      Tel 052-623-0760

http://blog.goo.ne.jp/aichi-okinawakaigi
E-Mailaichi.okinawakaigi@gmail.com

不戦へのネットワーク  命どぅ宝あいち  名古屋YWCA   東海民衆センター
日本聖公会中部教区沖縄プロジェクト   JUCON(沖縄のための日米市民のネットワーク)
戦争をさせない1000人委員会あいち◆

名古屋市熱田区金山町1-14-18 ワークライフプラザれあろ5F   あいち平和フォーラム気付
TEL/052-678-3111     FAX/052-678-3123

参加費/800円

備考/沖縄でまたも20歳の女性が、元海兵隊員の軍属によって殺害、遺棄されるという悲惨な事件が起きました。
1945年3月の米軍上陸以来、島ぐるみの県民大会に発展した95年の少女暴行事件、
2008年の14歳の少女が暴行された事件など、基地・軍隊があるが故の事件・事故が起こり続けています。
このような米軍の犯罪を許している背景には不平等な日米地位協定の存在があります。県民が抗議行動を起こして
も、沖縄の現状は何も変わらないばかりか、日米両政府は、辺野古に新基地建設を進め、これまで以上に沖縄に基
地負担を強いようとしています。

これを許しているのは本土に住む私たちでもあります。この状態を終わらせるために何ができるのか、高里さんの
お話を聞いて考えてみます。ぜひ、ご参加ください。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。