FC2ブログ
プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(9/26)連続フィールドワーク・ツアー第1回「戦後70年」をきっかけにたど る女性たちの生きた軌跡 ―在日朝鮮人女性、日系移民女性、労働する女性

アジア女性資料センターが、「戦後70年」をきっかけに、戦後の歴史を生き抜
いた女性たちの軌跡をたどるフィールドワークを企画しました。国家や社会に
よって規定され、期待されてきた「女性像」がある一方で、現実の女性たちは、
そうした「女性像」とのあいだに摩擦や葛藤を抱えながらも懸命に生きてきまし
た。 
全3回のフィールドワークでは、専門家とともに資料館をたずね、実際に見て触
れて、「戦後」の女性たちの歴史の1コマを感じます。 さあ、私たちの社会を築き
上げた女性たちに会いにいきましょう!

【第1回】 金富子さんと旅する在日韓人歴史資料館―植民地朝鮮から日本へ移
動した朝鮮人女性たち

 金富子さんと在日韓人歴史資料館をたずねて、植民地ディアスポラとしての朝
鮮人や関東大震災のレイピスト神話と虐殺事件から「流言」の特徴をジェンダー
視点で考えます。また在日朝鮮人社会の形成と家族、そして解放後の在日朝鮮人
女性の生活と実践、女性たちの生活を守る闘いを振り返ります。

●日時:2015年9月26日(日)14時~17時(夕食会17時15分~)
●集合:13時45分 南北線・都営大江戸線「麻布十番」駅2番出口(※地上に上
がってください。)
●参加費:アジア女性資料センター会員・学生1000円、一般1200円
●夕食会参加費:2000円(希望者のみ)※夕食会では、純豆腐(スンドゥブ)専門
店の「田舎家」にてお料理を食べながら韓国料理にまつわる女性の歴史について
金富子さんにお話いただきます。
●申込方法
①お名前②ご連絡先③夕食会への参加可能か否かを下記の申込先まで連
絡してください。

●金富子(キム・プジャ)さん(東京外国語大学教員)
日本で生まれた韓国籍の在日朝鮮人2世。専門はジェンダー論・ジェンダー史、
植民地期朝鮮教育史、在日朝鮮人女性史。研究領域に留まらず、日本軍「慰安婦」
問題の解決のために、様々な運動を展開(VAWW-RAC共同代表、「慰安婦」専門サ
イトFight for Justice運営委員)。

【お申し込み・問い合わせ】
主催団体:特定非営利活動法人アジア女性資料センター
E-mail:ajwrc@ajwrc.org
TEL:03-3780-5245
FAX:03-3463-9752
ホームページ:http://ajwrc.org

※第2回と第3回は、それぞれ日系移民女性、労働する女性をたずねるフィール
ドワークを企画しています。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。