プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年5月30日『あいまいな喪失とトラウマからの回復』石井千賀子さんの出版記念

手話通訳・ノートテイクつき
2015年5月30日『あいまいな喪失とトラウマからの回復』
監訳者石井千賀子さんの出版記念トークイベント

多くの人が、自分にとって大切な人やものが「存在しているのか、不在なのか」がはっきりしない
「あいまいな喪失」を体験しています。たとえば、家族や友人が行方不明、認知症、脳外傷、うつ病、
依存症になるという状況や、慢性的疾患、移住、離婚、施設入所などは、つかみどころのない喪失感
をもたらします。『あいまいな喪失とトラウマからの回復』は、長年このテーマに取り組んできたアメリカ、
ミネソタ大学のポーリン・ボス博士の著書です。ボス博士は、喪失の終結や解決を無理やり求めるの
ではなく、「わからない」ことを受け入れ、個人・家族・コミュニティのレジリエンス(回復力)を見出してい
くことが大切だと述べています。今回は、この本の監訳をされた石井千賀子さんをお招きして、お話しを
うかがいます。

日時 2015年5月30日(土)午後2時~4時(開場午後1時半)
場所 世田谷区男女共同参画センター らぷらす(研修室3・4)
   (下北沢駅南口徒歩5分)
   http://www.laplace-setagaya.net/access/
参加費 500円(介助者無料・手話通訳・ノートテイクつき、保育は申込必要)
保育サービス 6か月~就学前まで(要予約。定員5名、先着順)
対象のお子さまの小学生のごきょうだいがいらっしゃる場合は相談ください。
お申し込み・お問い合せ griefsetagaya@yahoo.co.jp

講師 石井千賀子さん
TELLカウンセリングで家族療法の臨床活動の他、ルーテル学院大学で家族療法の教育に携わる。
青山学院大学卒業後、国立精神衛生研究所(現精神保健研究所)での研修を経て、米国バトラー大
学大学院にて修士号取得。ルーテル学院大学にて「だいじな人を亡くした子どもの集まり」を一九九八年に
発足し、子どもと保護者のためのグループ活動とその研修に十三年間携わった。また、複雑な悲嘆を体験
している家族に家族システムの視点からグリーフ・カウンセリングを行う。東日本大震災後に立ち上げた
「災害グリーフサポートプロジェクト(JDGS)」世話人。著書に『ミドルエイジの問題―家族療法の視点から』
(キリスト新聞社)、日本家族療法学会編『家族療法テキストブック』所収「自死と家族」(金剛出版)、
訳書『人生のリ・メンバリング―死にゆく人と遺される人との会話』(金剛出版)、『精神療法』所収「自死による
曖昧な喪失を体験した子どもと家族へのケア」他多数。

主催 一般社団法人グリーフサポートせたがや
協力 誠信書房
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。