プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/5(土)「国際ガールズ・デー」記念イベント

~「世界を変えるもう一人のマララたち」~

世界の国々、とりわけ開発途上国では18才未満の女の子の多くが
経済的、文化的な理由により学校に通えず、10代前半での結婚を
余儀なくされ、貧困の中で暮らしています。
先進国においても、女性には様々な社会的制約が存在します。
適切な教育と支援を受けることができれば、女性たちの可能性は
無限に広がり、未来は大きく変えられます。
国際社会は女性の持つ可能性に注目し、2011年12月、国連総会
において10月11日を「国際ガールズ・デー(International Day of
the Girl Child)」と定めました。

昨年10月、女子教育の必要性を主張し、銃撃されたパキスタンの
マララ・ユスフザイさんの事件をきっかけに、世界中で女の子の権
利とエンパワーメントへの関心が高まっています。
2年目を迎える今年の国際ガールズ・デーは、国連広報センター
(UNIC)と国際NGOプラン・ジャパンの共催で10月5日(土)、東京・
渋谷の国連大学ウ・タント国際会議場で、国際ガールズ・デー記
念イベント「世界を変えるもう一人のマララたち」が開催されます。

メイン・フォーラムでは、プラン・ジャパンのプロジェクトに参加した
経験もあるパキスタン出身の女子大学生イルム・ヌールさんが
来日し、「世界を変えるもう一人のマララ」の代表として基調講演
に登壇。女の子が教育を受ける上で直面するハードル、彼女の人
生を変えた教育の力、そして将来の夢について語ります。
トーク・セッションでは、根本かおる 国連広報センター所長、大崎
麻子 プラン・ジャパン理事、そして加藤俊一 中央大学副学長を迎
え、女性の権利に関する国際社会の潮流や、女性が秘める可能
性を男性の視点も交えながら議論します。

メイン・フォーラムに先立つプレ・イベントとして、映像上映ワーク
ショップ「マララさんに学ぶこと」を開催すると共に、フォーラム終
了後には参加者同士、あるいは登壇者との自由な交流の場を設
ける予定。メイン・フォーラムのみの参加も可能。

開催日時:2013年10月5日(土)12:30~17:00
主  催:国連広報センター(UNIC)、公益財団法人プラン・ジャパン
協  力:国際ガールズ・デー推進ネットワーク、
     国連人口基金(UNFPA)東京事務所
申込み:参加希望の方はEメールで
    プラン・ジャパン(event@plan-japan.org)へ。
    件名を「10/5ガールズ・デー イベント」とし、
    ①名前(ふりがな)②所属(団体名・役職たは学校名・学年)
    ③連絡先(電話番号およびメールアドレス)
    ④参加希望のセッション(1.プレ・イベント、2.フォーラム、
     3.交流会)を明記。

定 員:プレ・イベント40名(15~24歳位まで)
    フォーラム360名(どなたでも参加可)
    交流会100名(上記フォーラムの参加者)
詳細は下記ウェブサイト参照。
http://www.plan-japan.org/girl/news/130910.html

問い合せ:プラン・ジャパン(Tel:03-5481-0030/平日9:00-17:30)
             またはE-mail: event@plan-japan.org
    国連広報センター(Tel: 03-5467-4451)

プログラム(予定):
1. 12:30~13:50 プレ・イベント:
  映像上映ワークショップ「マララさんに学ぶこと」
  (2F レセプション・ホール)

2. 14:00~16:20 メイン・フォーラム:
「世界を変えるもう一人のマララたち」
(3F ウ・タント国際会議場)
基調講演:イルム・ヌール パンジャブ大学学生(パキスタン)
パネル・ディスカッション:「女子教育のためのイノベーション」
イルム・ヌール パンジャブ大学学生
根本かおる 国連広報センター所長(モデレーター)
大崎麻子 プラン・ジャパン理事
加藤俊一 中央大学副学長

3. 16:30~17:00 交流会 (2F レセプション・ホール)

プログラムの詳細については、下記ウェブサイトで。
プラン・ジャパン(Because I am A Girl):
 http://www.plan-japan.org/girl/news/130910.html


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。