FC2ブログ
プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「子どものグリーフとトラウマに寄りそう」ハワイの経験に学ぶ

2016年10月24日(月)「子どものグリーフとトラウマに寄りそう」ハワイの経験に学ぶ

死別や離婚、虐待などで親や身近な人を失った子どものサポートを行う「Kids Hurt Too Hawaii」(ハワイ)創設者のシンシア・ホワイトさんをお招きしお話を聞きます。死別喪失だけでなく、暴力家庭で育った子どもたち、養護施設や里親のもとで育った子どもたち、服役中の親を持つ子どもたちのサポートをしているハワイの実践から学び、子どもへの早期サポートの大切さについて考える機会になればと思います。

講師プロフィール
シンシア・ホワイトさん(米国Kids Hurt Too Hawaii創設者・トレーニングディレクター)
子どものグリーフサポートで世界的に有名なダギーセンター(米国オレゴン州)のトレーニングディレクターを7年間務めるなど30年以上に渡り死別・喪失体験やトラウマ体験をした子どものケアに取り組む。阪神淡路大震災以降日本の子どもたちのグリーフサポートについての実践、研究も行ってきた。東日本大震災以降たびたび被災地を訪れケア活動を実践している。

日時:2016年10月24日(月)午後7時~9時半(6時半開場)
場所:カタリストBA(世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・オフィス8階)
東急田園都市線・大井町線「二子玉川」駅から徒歩1分
(地図画像はhttp://catalyst-ba.com/access.html)
参加費:1000円(介助者無料・日英同時通訳・手話通訳・ノートテイクつき・保育は要事前申込)
定員:100名(要申し込み)

お申し込み・お問い合せ:
グリーフサポートせたがや
Tel 03-6453-4925
Email griefsetagaya@yahoo.co.jp

主催:一般社団法人グリーフサポートせたがや
後援:世田谷区、世田谷区教育委員会
協力:Kids Hurt Too Hawaii、カタリストBA、NPO法人チャイルドライン支援センター、一般社団法人子ども・若者応援団、NPO法人せたがや子育てネット、NPO法人プレーパークせたがや、世田谷こども・いのちのネットワーク、チャイルドライン東京ネットワーク(順不同)

チラシは以下からダウンロードできます。

http://sapoko.org/dat/activity/2/20161024/2.pdf
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。