FC2ブログ
プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の同志社大学でイベント

2016「S/N×ガールズ・アクティビズム」(vol.2)
パフォーマンス《S/N》記録映像上映 & トーク

全体テーマ:Women’s Body & Image
資料代 500円

9月10日(土)
トークテーマ「共振のパフォーマンス:身体、声、観客」
17:00 開場
17:30 《S/N》上映
19:20 パフォーマンス(げいまきまき)
19:40 トーク
20:40 終了

トークゲスト
倉田めば(大阪ダルクディレクター、パフォーマンス・アーティスト)
竹田恵子(東京大学)
ブブ・ド・ラ・マドレーヌ(アーティスト)
進行・菅野優香(同志社大学)

トーク内容
1日目のトークでは、《S/N》においてこれまで見過ごされてきた
「女性」による「女性」のパフォーマンスに焦点を当てます。
彼女たちの声、身振り、身体は観客に何をもたらし、そして、
それはどのように彼女たち自身にはね返ってくるのでしょうか。
《S/N》では、演じる者と観る者とのあいだの距離が、
その振幅を変えながら、両者の境界を揺るがしています。
ある身体から生まれる声や身振りが、他の身体、思考、
感情を動かすこと??《S/N》の「女性」パフォーマンスが
作り出す「共振する身体」について考えてみたいと思います。


9月11日(日)
トークテーマ「女の声はシグナル? ノイズ?」
13:00 開場
13:30 《S/N》上映
15:20 トーク
17:00 終了
17:30 オープン・ディスカッション(会場:中華料理「蓉蓉」)

トークゲスト
青山薫(神戸大学)
げいまきまき(女優パフォーマー元セックスワーカー)
ブブ・ド・ラ・マドレーヌ(アーティスト)
進行・堀あきこ(在野研究者)

トーク内容
2日目のトークでは、《S/N》で表現されたセックスワーカーのイメージを糸口に、
「社会問題化する女性の描かれ方」について考えます。セックスワーカーと
アートや表現をめぐる「トラブル」は、どのように発生し、なぜ繰り返されるの
でしょうか。差別的な視線はセックスワークという職業だけに向けられるもの
ではなく、「女性」への視線と重なっています。《S/N》におけるセックスワー
カーの存在や、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)で起こったこと、
炎上するたくさんの女性表象などを、社会のあり方とつなげて話しあいたいと思います。

★オープン・ディスカッションは要予約
学生1500円/一般2500円 1ドリンク、フリーフード
(定員になり次第、予約を締め切ります)
★当日、2015「S/N×ガールズ・アクティビズム」記録集(1000円)を販売します

オープン・ディスカッション予約・お問合せ
https://www.facebook.com/girlsactivism
girlsactivism@gmail.com

主催:
同志社大学フェミニスト・ジェンダー・セクシュアリティ研究センター
S/N × ガールズ・アクティビズム実行委員会

************

堀あきこ
horry322@gmail.com
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。