FC2ブログ
プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回 大倉山ドキュメンタリー映画祭

「第9回 大倉山ドキュメンタリー映画祭」は、映画の作り手、映画好きの市民、地域の福祉作業所などが集まって、ボランティアで開催。期間中は、手づくりカフェも併設。上映作品の監督・スタッフと歓談もできる、「あったく気さくな映画祭」をめざしている。

上映作品は、① 1つの絵画に1年間費やす画家、② 長野の共働学舎、③ 福島の劇場「朝日座」をめぐる人びとの記憶、④ 元従軍慰安婦たちの共同生活、⑤ 「お犬様」と呼ばれるオオ カミの護符、⑥ みんなの学校、⑦ 日本国憲法、⑧ 認知症グループホームを取り上げた計8作品です。

ただし、⑧「みんなの学校」は、すでに予約で満席。定員80席。確実に観るためには、要予約。
大倉山公園の林に囲まれた昭和7年築の洋館ホールで優雅な雰囲気が楽しめる。

【 第9回 大倉山ドキュメンタリー映画祭 】
http://o-kurayama.jugem.jp (予告編ラインナップあり)
********************************************************************

 期 間: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
 会 場: 横浜市大倉山記念館 (東急東横線「大倉山」駅より徒歩8分)
http://o-kurayama.com/access.html

◆◆ 3月26日(土)上映 =================================================

① 10:00 『魂のリアリズム 野田弘志』 ----------------------------------
   2014年/71分 監督:日向寺太郎 ☆上映後、撮影:清水良雄 舞台挨拶

現代日本におけるリアリズム絵画の第一人者・野田弘志の創作の裏側に迫る。デザイナー・イラストレーターを経て30代で画家の道へと進み、戦後の抽象絵画全盛の美術界の中で常に写実を追求してきた野田は、70代の現在、北海道のアトリエで自然や人間を見つめた作品を描き続けている。本作では、驚異的な密度の作品を完成させるため1作品に1年間を費やす野田が、自宅の庭にあった鳥の巣を題材にした最新作「聖なるもの THE IV 鳥の巣」の制作過程に密着。魂を込めてキャンバスと向きあう姿を、北海 道の豊かな四季とともに映しだす。
【日本映画撮影監督協会(JSC)推薦作品】
 公式サイト http://tama-riz.com/

② 11:45 『アラヤシキの住人たち』  --------------------------------
   2015年/117分 監督:本橋成一 ☆上映後、監督舞台挨拶

長野県小谷村にある真木共働学舎の1年間を追ったドキュメンタリー。車の通わない山道を1時間半歩いたところにある共働学舎は、自由学園の教師だった宮嶋眞一郎により、生きることの根源的な意味を考える「共に働く学び舎」として創設された。今の社会に肉体的・精神的な生きづらさを抱える人も、そうでない人も、それぞれの能力を尊重しあい暮らしている。2階建ての大きな茅葺きの家で、20~60代の男女数十人が送る共同生活に1年間カメラが密着。くり返されるその営みは、生きものとしての人間の時間を思い起こさせる。
 公式サイト http://arayashiki-movie.jp/

③ 14:20 『ASAHIZA 人間は、どこへ行く』 -------------------------
  2013年/74分 監督:藤井光 ☆上映後、監督舞台挨拶

「朝日座」は福島第一原発から30km圏内、福島県南相馬市原町区にある古い木造の劇場。街の衰退とともに閉館したが、人々は映画館として再生を模索してきた。そんな時、大震災とともに原発事故がおこる。しかしこの映画は地震や原発事故についての映画ではない。震災以降も街で暮らす人、離れて暮らす人、東京から映画撮影のエキストラとして参加した人が、映画『ASAHIZA』をみる一日を記録した、「朝日座」という劇場をめぐる人々の記憶をたどるドキュメンタリー。映画館が繋ぎ続ける映画の記憶、街の記憶、人の記憶が甦る。フィルム提供:一般社団法人コミュニティシネマセンター
 公式サイト http://www.asahiza.jp/

④ 16:10 『“記憶”と生きる』 -------------------------------------------
  2015年/215分 監督:土井敏邦 ☆上映後、監督舞台挨拶

元「慰安婦」たちが共同生活を送る韓国の「ナヌム(分かち合い)の家」。1994年から2年にわたり、日本人ジャーナリストがハルモニ(おばあさん)たちを記録した。心に深く刻まれた傷を抱え、壮絶な戦後の半生を送ったハルモニたち。境遇や歩んできた道は1人ひとりまったく異なる。互いを支えあい、時に激しくぶつかる。そんな生活の中で、消せない過去の記憶と抑えられない感情を、記録者にぶつけ、吐露する。あれから20年、このハルモニたちはもうこの世にいない。残されたのは、彼女たちの声と姿を記録した映像だった…。
 【2015年度キネマ旬報ベスト・テン文化映画第4位】
 ※ 途中、休憩10分を挟み上映
 公式サイト http://www.doi-toshikuni.net/j/kioku/


◆◆ 3月27日(日)上映> ==============================================

⑤ 10:00 『オオカミの護符 ~里びとと山びとのあわいに~』 ------------------
  2008年/114分 監督:由井 英 ☆上映後、監督舞台挨拶

日本列島の三分の一の人々が暮らすという関東平野。「お犬様」と呼ばれるオオカミの護符を、土蔵や畑に貼ってきたお百姓の暮らしには、今なお身近な自然を尊ぶ姿がある。平野をぐるりと囲む山々には、かつてオオカミが棲んでいた。オオカミが護り札となる背景には、オオカミをありがたい存在と考えてきたよすがが見てとれる。自然との共生が声高に叫ばれる現在、先人が守り伝えてきた“足下にある暮らし”を、深く捉え直すことこそが、私たちの行く手を照らし出す。ニホンオオカミは絶滅したといわれるが、護符は今も私たちを見守り続けている。
 【2008年度文化記録映画優秀賞、アース・ビジョン賞受賞】
 公式サイト https://sasala-pro.com/cinema/

⑥ 12:30 『みんなの学校』 ---------------------------------------------
 2014年/106分 監督:真鍋俊永

大空小学校がめざすのは「不登校ゼロ」。発達障害がある子も、気持ちをうまくコントロールできない子も、みんな同じ教室で学びます。ふつうの公立小学校ですが、児童と教職員、保護者や地域の人もいっしょに、誰もが通い続けられる学校を作ってきました。いまでは、他の学校へ通えなくなった子が転校してきます。映画は、日々育つ子供たちの奇跡の瞬間、教職員や保護者たちの苦悩、戸惑い、よろこび・・・。すべてを絶妙な近さから、ありのままに映していきます。学びとは? あるべき公教育とは? 大空小学校にはそのヒントが 溢れています。
 【平成25年度文化庁芸術祭大賞】
 公式サイト http://www.minna-movie.com/

⑦ 14:40 『映画 日本国憲法』--------------------------------------------
  2005年/78分 監督:ジャン・ユンカーマン ☆上映後、監督舞台挨拶

この映画は、2005年、自衛隊のイラク派兵から、日本国憲法についての議論が高まる中で制作された。ノーム・チョムスキー、日本国憲法草案作成に携わったベアテ・シロタ・ゴードンなど、知の巨人たちが、憲法制定の経緯や意義について、世界的視野で語る。制作から10年がたち、安全保障関連法の採決が強行された今、日本国憲法の素晴らしさを説く彼らの姿は、私たちに、どうすればその精神を守り、広げていけるかを考えさせる。
 【2005年度キネマ旬報ベスト・テン文化映画第1位】
 公式サイト http://cine.co.jp/kenpo/

⑧ 16:40 『ゆめのほとり-認知症グループホーム 福寿荘-』
   2015年/85分 監督:伊勢真一 ☆上映後、監督舞台挨拶

認知症の人は「何もわからない人」ではありません。北海道・札幌市にある認知症グループホーム福寿荘の日常をスケッチした、穏やかで、静かで、優しいヒューマンドキュメンタリー。映画は重度・軽度さまざまな認知症の人々とその家族や介護スタッフが、それぞれの日々を共に生きる姿を淡々と映し出します。「認知症」という病を見つめる以上に、「人間」を見つめること。そして「生きる」ということ。何気ない一言やワンシーンに耳を澄ませてください。
 公式サイト http://www.isefilm.com/

◎ 18:20 上映作品の監督・スタッフによるトークショー(19:00終了予定)

※上映後の舞台挨拶は、ゲストのやむをえない事情により、変更・中止となることがある。

◆ 料金
◇ 一般 1,600円(各回入替制、2作品目以降は1,000円)

◇ 高校生以下・シニア(60歳以上)・障がい者 1,000円(各回入替制)
※身分証を持参のこと。

◇ 映画祭サポーター用フリーパス 10,000円(限定20枚)
 ※大倉山ドキュメンタリー映画祭を応援するサポーターのためのフリーパス
  3月26日(土)~27日(日)のすべての上映を観ることができる。

◇ サポーター券(1日券) 5,000円
 ※3月26日(土)もしくは27日(日)のすべての上映を観ることができる。

◆ 予約 / 申し込み
大倉山ドキュメンタリー映画祭は予約優先制。2月1日(月)より受付を開始。
会場の定員数(80席)に限りがあるため、予約がないと入場できない場合あり。
事前の予約・問い合わせを。

◇ Email : ookurayamaeiga@yahoo.co.jp
◇ 電話 : 080-3542-8759(実行委員会)/090-2257-4895(薩田・さった)
◇ FAX : 045-434-9270

※ FAX・Emailでの申し込みは必ず以下を記載のこと。
 ① 名前 ②お電話番号 ③ 鑑賞したい作品 ④ 鑑賞人数
 のちほど実行委員会から確認の連絡あり。

※ 会場は全自由席。受付順に整理番号つきチケットを渡し、開場時刻(上映の15分前)から番号順に入場。遅くとも上映の10分前までに受付に。上映直前には当日券優先となることがある。

◆ Documentary Cafe(ドキュメンタリー カフェ)
映画祭の期間中、大倉山記念館のアンティークな部屋で、ドキュメンタリー カフェを開催。実行委員会の自慢の手づくりケーキ、クッキー、軽食、お飲み物あり。また、ドキュメンタリー映画のDVDや関連書籍も購入可。上映作品の監督と歓談する機会もあり。おいしいお菓子やお茶とともに映画祭を楽しめる。

◆主 催: 大倉山ドキュメンタリー映画祭実行委員会
 共 催: 大倉山記念館
 協 賛: ヤジマデンタルクリニック/(有)なんでも舎ケアサービス/こうほく・人と生きもの・支えあう会/大倉山レモンロード商店会/薩田商店/テラコーヒー/企業組合エコ・アド
 協 力: セサミ香房/社会福祉法人かれん/野いちご/NPO法人街カフェ大倉山ミエル
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。