FC2ブログ
プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月20日(日・祝)連続講座「わたしも大事 あなたも大事」講演録 完成記念対談

袰岩奈々さん(Kids Hurt Too Hawaii理事)&保坂展人さん(世田谷区長)
https://www.facebook.com/griefsupportsetagaya/posts/969795356427151

2014年12月から2015年7月まで4回にわたって開催したグリーフサポートせたがやの連続講座「わたしも大事 あなたも大事」の講演録ができました!

完成を記念して連続講座第1回の講師 袰岩奈々さんと世田谷区長の保坂展人さんをお招きし、さまざまな喪失体験をもつ子どもたちが安心して集える場づくりについてお話しをうかがいます。ぜひご参加ください。

日時 2016年3月20日(日・祝)午後7時~9時(開場 午後6時半)
場所 世田谷区男女共同参画センター らぷらす(研修室3・4)(下北沢駅南口徒歩5分)
地図 http://www.laplace-setagaya.net/access/
参加費 1500円☆講演録1冊つき!(介助者無料、手話通訳・ノートテイクあり)
お申し込み・お問い合わせ griefsetagaya@yahoo.co.jp

袰岩奈々(ほろいわ・なな)さん
Kids Hurt Too Hawaii理事。不登校の子どもたちや居場所づくりに携わり、荻窪に「カウンセリングルームプリメイラ」を開設。働く女性、学生、カップルのカウンセリングを行う。企業・教育関係者を対象に感情・コミュニケーションをテーマにした研修も数多く行っている。著書に『感じない子ども こころを扱えない大人』『○のない大人 ×だらけの子ども』(集英社)、『いじめや仲間はずれから身をまもる』(ポプラ社)他多数。

保坂展人(ほさか・のぶと)さん
世田谷区長。1955年、宮城県仙台市生まれ。高校進学時の内申書をめぐり、16年間の「内申書裁判」をたたかう。教育ジャーナリストを経て、1996年より2009年まで衆議院議員を3期11年(03~05年除く)務める。2011年4月より現職。『闘う区長』(集英社新書)、『88万人のコミュニティデザイン:希望の地図の描き方』(ほんの木)他多数。

主催:一般社団法人グリーフサポートせたがや

グリーフサポートせたがや(グリサポせたがや)って?
米国オレゴン州に「ダギーセンター」という団体があります。ダギーセンターは、死別を体験した子どもたちが集い、遊びやおしゃべりを通じて、悲しみやつらい気持ちに向き合うことのできる家です。自分たちが暮らす地域でも同じような活動を始めたいと思い「グリーフサポートせたがや」を立ち上げました。世田谷区太子堂にある「サポコハウス」で子どもや大人を対象にグリーフサポートプログラムや個別相談を行っています。
 私たちは、死別喪失だけでなく、離別、暴力被害(安心感の喪失)、紛争や自然災害による被災(住まいや地域とのつながり、経済的な生活手段の喪失)、失業や就職難(希望の喪失)、貧困(人間らしい生活を営む権利の喪失)、いじめ、年齢・性・民族・宗教・障害・性指向や性自認などによる差別(自尊心やアイデンティティの喪失)、非婚や不妊などへの社会の不寛容(自己肯定感の喪失)など、直接・間接的な要因に起因するすべてをグリーフと捉えています。
sapoko.org
www.facebook.com/griefsupportsetagaya

<2016年3月20日発行予定>
グリーフサポートせたがや連続講座
「わたしも大事 あなたも大事」講演録

多様な専門分野で活動されている講師の方々をお招きして、それぞれの視点から「わたしも大事 あなたも大事」というテーマについてお話しいただきました。グリーフとひとくちに言っても、一人ひとりの置かれている状況も、抱えているものも異なります。一つとして同じグリーフはありません。その多様性に目を向ける機会になればと願って開催した連続講座の記録です。2014年10月に行われた「サポコハウス」オープン記念イベントの対談、『あいまいな喪失とトラウマからの回復』出版を記念した講演も収録されています。たくさんの方に届くことを願っています。

本体価格 1,000円(+送料)
新書判・本文 272頁(予定)
発行 グリーフサポートせたがや
ご注文はgriefsetagaya@yahoo.co.jp、Fax: 03-6453-4926まで。

<内容>
第1回 「わたしも大事 あなたも大事」にできるコミュニケーションとは?
袰岩 奈々さん(Kids Hurt Too Hawaii 理事)

第2回 再会への序論―止まった時間を動かす
熊谷 晋一郎さん(小児科医、東大先端科学技術研究センター特任講師)

第3回 多様なセクシュアリティを生きるということ~生きづらさの根底にある構造と私たちの視線~
山下 梓さん(岩手レインボー・ネットワーク代表、ゲイジャパンニュース共同代表)

第4回 自殺の心理、遺族の心理
張 賢徳さん(帝京大学医学部附属溝口病院精神神経科教授)

【特別収録】
1.「サポコハウス」オープン記念対談 入江杏さん&保坂展人さん
2.『あいまいな喪失とトラウマからの回復』 監訳者石井千賀子さんの出版記念講演

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。