FC2ブログ
プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

014 Feminist Active documentary Video festa フェミニスト・アクティブドキュメンタリー・ビデオフェスタ

014 Feminist Active documentary Video festa
フェミニスト・アクティブドキュメンタリー・ビデオフェスタ

連連影展 in シェア奥沢

10月5日(日) 13:00 上映開始

♪♪ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひさびさのFAV。等身大にそして雄弁に語りかけてくる映像をフェミニストの視点で集めた映画祭。今年は奥沢に登場。レアでアクチュアルな作品同士の協演に期待を。

入場料/1プログラム600円(介助者無料)、3プログラム通し券1500円、小学生以下無料

会場/シェア奥沢
(東京都世田谷区奥沢 2-32-11、東急線自由が丘駅または奥沢駅から徒歩5分)
(会場は靴を脱いで入る場所)
地図のURL → http://share-okusawa.jp/map/

【Aプログラム 13:00~14:30】
■『米軍基地の町に生きる』 + ディスカッション
 ホシノ・リナ監督/アメリカ/日本語字幕/2011/65分
 米軍基地と隣り合わせに住む7人の女性たちの物語。サンアントニオ(テキサス
州)、ビエケス(プエルトリコ)、ハワイ、グアム、沖縄、韓国、フィリピン。
それぞれの地域で米軍基地が生み出したのは、環境汚染、売買春、暴力、地域
と文化への冒とくだった。彼女たちの闘い、喪失、勇気を通じて、この状況を変
えていこうとするコミュニティーの物語が描かれる。
英語の作品サイト http://www.alongthefenceline.com/

【Bプログラム 15:00~16:30】
■『メトロレディーブルース』ほか + 出演者によるトーク
 制作ビデオプレス/日本/2013/26分 ほか短編
 東京メトロ売店で働く非正規女性たちが、組合をつくった。何年働いても時給は
上がらない。同じ仕事をしている正社員との格差は広がるばかり。そのくせ「65
歳定年制」だけは社員と同じだから65歳で雇い止め、といわれる。退職金は一円
も出ない。これでは路頭に迷う。2013年3月組合はついにストライキに立ち上がっ
た。彼女たちの生活・思い・怒りが伝わってくる。女性労働の短編も併映。

【Cプログラム 17:00~18:30】
■『Deaf Jam』 + 日本手話のミニワークショップ
 Judy Lieff(ジュディ・リーフ)監督/アメリカ/日本語字幕/2011/70分
 アニータはニューヨーク・クイーンズ地区のろう学校に通う女子高生。アメリカ
手話(ASL)ポエトリー(詩)と出会い、表現力にあふれたダイナミックな世界
に魅了され、聴者の詩のイベントにろう学生として初めて参加。聴者の詩人タハ
ニとともに、手、音、体全体で「ことば」を紡ぎ出し、自分たちの新しい「声」
を作り出す。
 上映後は手話ワークショップ。コミュニケーションの基本は伝えたい思いと知り
たい気持ちの交差点に身を置くこと。ぜひご参加ください!
■ワークショップゲスト・廣川麻子さん(ヒロカワ企画)
1972年東京生まれ。学生時代の1994年に日本ろう者劇団入団。俳優、制作、ワー
クショップ、企画運営など、演劇を中心とした活動を展開中。演劇企画団体「ヒ
ロカワ企画」主宰、観劇支援団体「NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネッ
トワーク」理事長。

Deaf Jam is a sponsored project of City Lore, the New York Foundation of
the Arts, Bowery Arts + Science, and Urban Word NYC. www.deafjam.org

  *    *    *    *

会場でのトークなどの際にサポートが必要な方は、
事前にメール (renrenfav@yahoo.co.jp) 等で連絡するか 、当日、
会場でスタッフに声をかけてください。
-会場は段差等があり、バリアフリーではありません。
会場に車いす等でお越しの方で、サポートが必要な方は、
スタッフまで声をかけてください。
(会場は、靴を脱いで入る場所です。トイレは洋式トイレです)

★神出鬼没にあなたの街でもFAV連連影展!
映画を見に遠出するのは面倒だ。だったら映画を隣でやればいい。
世の中マッチョな映画だらけなら、マスコミがバカバカしいなら、自分で作れば
いい。
FAVでは、アクティブに映像を記録し、制作するフェミニストを応援します。
FAV実現に興味のある方、共催・賛同してくださる団体の方
お気楽に連絡をください(金銭的な義務はありません)。
email: renrenfav@yahoo.co.jp

主催:連連影展FAV 協力:シェア奥沢、ここね
お問い合わせ renrenfav@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。