FC2ブログ
プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国際女性の日 記念イベント:国連制作ドキュメンタリーから考える、STOP! 女性に対する暴力」@国連広報センター

3月8日は「国際女性の日」。

1908年3月8日にアメリカのニューヨークで女性労働者が女性参政権を
求めてデモをしたのを発端として、女性の政治的自由と平等のために
たたかう記念日を設けようという考えが北米とヨーロッパで生まれま
した。

そして、1975年に国連がこの日を「国際女性の日」と定め、現在は女
性に対する差別撤廃と、社会開発への完全で平等な参加に向けた環
境整備に貢献するよう、加盟国に呼びかける女性の連帯の日となって
います。

女性10人のうち7人までが生涯のうち暴力の対象となり、家庭内暴力が
まだ犯罪とみなされていない国で暮らしている女性は6億300万人にの
ぼります。日本でも、既婚女性の3分の1が何らかの形の暴力を経験し
ているというデータがあります。

こうした現状を踏まえ、国連広報センターは、国際女性の日を記念して
下記の要領でイベントを開催します。

国連の旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所(ICTY)制作のドキュメンタリー
を鑑賞した上で、元ICTY判事、女性の権利向上を日本外交で推進する
政策担当者、日本国内の女性問題を幅広く取材してきたジャーナリス
ト、そして難民女性の権利の保護に関する政策取りまとめにあたって
きた国連担当者という幅広い分野からのパネリストをお迎えし、広い
意味での女性に対する暴力をなくすために何ができるかを考えます。

日時:2014年3月7日(金)開場18:15 開始18:30

場所:東京ウィメンズプラザ B1F ホール 
   (東京都渋谷区神宮前5-53-67)
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

主催:国連広報センター(UNIC)

協力:国連難民高等弁務官(UNHCR) 駐日事務所、
   法政大学法学部

後援: 外務省

定員:250名

参加費:無料

お申込み:参加ご希望の方はEメールにて、event@untokyo.jp
まで申込み。
件名を「国際女性の日イベント参加希望」とし、氏名・
     所属・人数・メールアドレス を明記の上、登録。
定員となり次第、締め切り。

問合せ:国連広報センター(岡野 電話:03-5467-4451)

プログラム(予定):

*主催者あいさつ 国連広報センター 根本かおる所長

*旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所制作ドキュメンタリー映画

  『紛争下における性的暴力 - 法と正義の勝利
 (Sexual Violence and the Triumph of Justice)』

(旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所制作・2012年・41分・日本語字幕付き)上映

映画トレーラー http://bit.ly/1gsCi7v

*トーク・セッション

・法政大学 法学部国際政治学科 多谷千香子(たや・ちかこ)教授
               (元ICTY判事)

・外務省総合外交政策局総務課 岡野正敬(おかの・まさたか)課長

・朝日新聞 大久保真紀(おおくぼ・まき)編集委員

・国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所 
                小尾尚子(おび・なおこ)副代表

・モデレーター 国連広報センター 根本かおる所長
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。