FC2ブログ
プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「衆議院選挙にあたっての公開質問状」に賛同しました

*衆議院選挙にあたっての公開質問状*

性暴力禁止法をつくろうネットワーク
11月19日に公開質問状を各政党に送付しました。

公開質問状への回答

送付したのは以下の14の政党です。
民主党、自由民主党、公明党、日本共産党、
社会民主党、国民の生活が第一、みんなの党、
日本維新の会、国民新党、新党大地・真民主党、
新党改革、減税日本、新党日本、みどりの風

性暴力を根絶し被害者を支援するため
              の施策について


私たちは、長年「女性に対する暴力の根絶」を
目指す活動に取り組み、性暴力の被害女性・子
どもの支援にあたってきた民間団体です。

平成22年12月17日に閣議決定された「第3次男
女共同参画基本計画(以下、第3次計画)」に
おいて、女性に対する暴力は、重大な人権侵害
であり、その回復を図ることは国の責務である
とともに、男女共同参画社会を形成していく上
で克服すべき重要な課題である、と明記されて
います。政党の皆さまにおかれましては、女性
に対する暴力の根絶に向けた施策を重要な課題
として、取り上げられることを期待いたします。

本年7月には、内閣府の「女性に対する暴力に
関する専門調査会」が報告書『「女性に対する
暴力」を根絶するための課題と対策:性犯罪へ
の対策の推進』(以下、暴力調査会報告書)を
まとめ、8月1日に男女共同参画会議で決定しま
した。報告書では、性犯罪の厳正な対処のため
の効果的な施策を、政府として性犯罪を許さな
い姿勢をはっきりと示すことが必須であると提
言されています。

中でも、刑法強姦罪の見直しについては、第3次
計画にも「強姦罪の見直し(非親告罪化、性交
同意年齢の引上げ、構成要件の見直し等)など
性犯罪に関する罰則の在り方を検討する」と明
記されています。そして、暴力調査会報告書の
中でも、法務省において「強い問題意識を持っ
て行った当専門調査会の調査検討結果を踏まえ
て検討が行われるよう期待する」とまとめられ、
刑法強姦罪の見直しの気運は高まっているとい
えます。

実際、ここ数年、強姦や強制わいせつなどの性
暴力犯罪を訴えても不起訴になったり、無罪判
決になったりするケースが目立っています。被
害者の心身に深い傷を与える性暴力犯罪がきち
んと処罰されず、悪質な犯罪が野放しになって
いるのではないかと、深く憂慮しています。こ
の事態を改善するために、刑法強姦罪の見直し
をすることは、避けられない状況になっている
と考えます。

また、暴力調査会報告書では、強姦罪の見直し
と並んで「ワンストップ支援センターの設置促
進、二次的被害の防止など被害者への支援、配
慮」を特に重点的な項目として挙げている他、
加害者への対策、啓発活動の推進なども重要な
課題と位置づけられます。

そして、性暴力・性的虐待の被害者が、経済的
な理由などから加害者の下に留まったり、性風
俗産業で働かったりなどせざるを得ない実態も
明らかになっており、その現実に目をそむけず
取り組むことが求められています。

さらに、この11月には神奈川県逗子市で警察に
何度も相談していた女性が刺殺されるなど、ス
トーカーによる犠牲者が後を絶たない現実があ
ります。被害者の命を守るための警察の対応と
ストーカー規制法、DV防止法の改正が喫緊の
課題です。

こういった現状を打開するためには、性暴力を
めぐる包括的な法整備が必要だと私たちは考え
ています。

そこで、このたびの衆議院議員選挙にあたり、
各政党が、性暴力をめぐる施策に関してどのよ
うにお考えかをお伺いするために公開質問状を
お送りすることにしましたので、ご対応よろし
くお願いいたします。

なお、この公開質問状につきましては、回答を
一覧としてとりまとめ、私たちの会員だけでな
く、一般の有権者にも情報提供するために、イ
ンターネット上での公開などを予定しておりま
すことを申し添えます。

ご多忙とは存じますが、11月25日(日)ま
でに公開質問状にご回答いただきますようお願
いいたします。


性暴力禁止法をつくろうネットワーク
NPO法人全国女性シェルターネット
NPO法人日本フェミニストカウンセリング学会
地域支援ネット そよ風
NPO法人ひこばえ
NPO法人アーシャ
NPO法人 ホッとるーむふくやま
生活困窮者連絡協議会
NPO法人博多ウィメンズカウンセリング
性暴力を許さない女の会
セクシャルハラスメントと斗う労働組合ぱあぷる
ウィメンズカウンセリング京都
NPO法人女のスペース・ながおか
一般社団法人 女性相談ネット埼玉
女のサポートライン
W・Sひょうご
NPO法人女性ネットSaya-Saya
AWS
エセナ5
NPO法人アウンジャ
NPO法人コミュニティ・ネットワーク・ウェーブ
ぐるうぷ;NO!セクシュアル・ハラスメント
S・ぱ~ぷるリボン
(特)男女平等参画推進みなと
NPO法人 エンパワメントかながわ
パープル・ユニオン
ふぇみん大阪
フェミニストカウンセリング堺
NPO法人スクール・セクシュアル・ハラスメント
             防止全国ネットワーク
ウィメンズカウンセリング名古屋YWCA
(11月21日現在、順不同)


<政党公開質問状>

貴政党名:                    

1. 刑法強姦罪の見直しについて、
   どのようにお考えですか。

私たちは、第3次計画や暴力調査会報告書に
沿って、刑法強姦罪の見直し(非親告罪化、
性交同意年齢の引き上げ、「暴行・脅迫」要
件の見直し、など)を行うべきと考えています。

 これに関して
(1)賛成
(2)反対
(3)その他(具体的には

その理由をお聞かせください。

2 性暴力被害者に対する急性期の支援につい
  て、どのようにお考えですか。

私たちは以下のように考えています。

・ワンストップ支援センターを少なくとも各
 都道府県に1カ所は開設する。
・産婦人科医療や支援のコーディネート等を
 民間機関が担う場合の費用負担を国の施策
 として取り組む。
・被害届の提出の意思にかかわらず、緊急避
 妊や性感染症・治療等が公費で受けられる
 ようにする。

これに関して
(1)賛成
(2)反対
(3)その他(具体的には

その理由をお聞かせください。

3 性暴力被害者に対する中長期的支援につ
  いて、どのようにお考えですか。

私たちは以下のように考えています。

・女性センターや男女共同参画センターの機
 能を拡充、地方自治体に窓口を作る、女性
 支援に経験の深い民間団体に委託して窓口
 を作るなど、被害者がアクセスしやすいよ
 うに相談体制を整備する。

・弁護士、医師、カウンセラー、看護師など
 について、性暴力被害者に対して専門的に
 対応できるような育成、研修を行う。

・性暴力被害者の自立支援のために、関係機
 関のネットワークを推進する。

これに関して
(1)賛成
(2)反対
(3)その他(具体的には

その理由をお聞かせください。

4.性暴力加害者の再犯防止策について、ど
  のようにお考えですか。

私たちは、現在実施されている加害者プログ
ラムについて効果を検証した上で、効果的な
プログラムを推進すべきと考えています。

これに関して
(1)賛成
(2)反対
(3)その他(具体的には

その理由をお聞かせください。

5.性暴力を予防するための教育について、
どのようにお考えですか。

私たちは、教育機関で人権教育として低学
年から取り組むべきと考えています。

これに関して
(1)賛成
(2)反対
(3)その他(具体的には

その理由をお聞かせください。

6.性暴力・性虐待の被害者に対する支援
策について、どのようにお考えですか。

私たちは、性暴力・性虐待の被害者が、加
害者から離れて一人でも安心して安全な生
活を送ることができるための、特別な施策
の策定と実施が必要と考えています。

これに関して
(1)賛成
(2)反対
(3)その他(具体的には

その理由をお聞かせください。

7.ストーカー事件による犠牲者を出さな
いための施策について、どうお考えですか。

私たちは、以下のように考えています。

・全ての警察官を対象に、ストーカー事件を
 始めとする女性に対する暴力事案について、
 犯罪の本質を理解するための特別研修を実施
 する。研修の実施に当たっては、被害当事者
 や支援者など、警察外部の講師を招聘する。

・ストーカー事件を始めとする女性に対する
 暴力事案について、被害者の安全を守るため
 の具体的で実効性のある捜査マニュアルを作
 成し、全ての警察官に携帯させる。

・つきまとい行為にメールを明文化する他、
 被害者が申し立てることによって接近禁止命
 令が出されるようにするなど、被害者の安全
 を守ることができるようにストーカー規制法
 を抜本的に改正する。

・DV防止法の対象を「配偶者等」と拡大し、
 恋人、元恋人などの交際相手を含める。ス
 トーカー事案についても、保護命令及び緊
 急一時保護の制度を活用できるようにする。

・探偵業の適正化に関する法律」の第六条
 (探偵業務の実施の原則)「この法律によ
 り他の法令において禁止又は制限されてい
 る行為を行うことができることとなるもの
 ではないことに留意するとともに、人の生
 活の平穏を害する等個人の権利利益を侵害
 することがないようにしなければならない」
 について、ストーカーやDV加害者からの
 依頼によって被害者の居所を探してはなら
 ないことを徹底する。

これに関して
(1)賛成
(2)反対
(3)その他(具体的には

その理由をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。