FC2ブログ
プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性障害者:3割がセクハラ被害 東京の市民団体調査

女性障害者:3割がセクハラ被害 東京の市民団体調査

 障害者問題に取り組む女性の団体が「障害者であり、
女性であるため生きにくいと感じた経験」について
障害のある女性87人に尋ねたところ、3分の1を超える
31人がセクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらせ)を
挙げた。夫が友人から「もっといいのがいただろうに」
と言われたなどの差別発言も目立つという。

 東京の市民団体「DPI女性障害者ネットワーク」は
昨年5~11月、他団体などを通じて調査したところ、
75人が書面で答え、16人が聞き取りに応じ、
4人は書面で答えた上、聞き取りにも応じた。
年代は北海道から沖縄県在住の20~70代の女性で、
肢体不自由35人▽視覚障害24人▽精神障害10人
▽難病9人▽聴覚障害5人他。

 複数回答で計227件の具体的な体験が寄せられ、
性的被害については31人が45件を挙げた。
最もひどいケースでは性交渉を強要されており、
「満員の通学電車で顔や身体をなでまわすように
触られた」(50代、聴覚障害)といった人もいた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。