プロフィール

supportline

Author:supportline
女性による女性のための電話相談
03-3761-8151
毎週火曜日 
午後7時~9時


☆女性のスタッフが相談に応じます。

☆女性のエンパワメントの一つとして、この窓口を開いています。

☆あなたの求めているネットワークを紹介します。

☆あなたが一歩踏み出すための支えになれればと願います。

女のサポートラインは1998年5月設立、女性による女性のための電話相談活動を開始しました。
女性が抱えるさまざまな悩みや問題(セクハラ、暴力、解雇、離婚、介護など)に対して電話で相談に応じることを通して、女性自身が問題を解決していく力を獲得していくことを目指しています。電話相談は、毎週火曜日午後7時~9時まで受け付けています。
また、女性の人権を確立していくためにさまざまな講座を企画実施してきました。
2003年大田区区民自主講座で「夫・恋人からに暴力を許さないー地域ネットワークを求めて」4回講座、2008年には同じく大田区エセナ講座で「身近な人が性暴力にあったらー私たちにできること」5回講座を実施、性暴力被害の理解を深めると同時に、支援者の関わりの重要性を学んできました。
2008年の講座は「レジリエンス」や「バンクーバー2007」の性暴力被害者支援団体と協力し実施できたもので画期的な取り組みでした。こうした企画を各地に広めようと今年度は文京区で実施しました。
○ 私たちは小さな団体ですが、さまざまな女性団体とネットワークして、「性暴力被害者支援」を重要な課題として取り組んでいます。性暴力は、人間の尊厳を脅かし、ダメージをあたえる行為です。被害者は悪くない、あくまで加害者が裁かれるべきです。被害者が受けるダメージからの回復のために尽力したいと、活動しています。


○ 女のサポートラインは、相談者の秘密を守ります。要請に応じて具体的な裁判支援なども行います。専門職としての資格は持っていませんが、研修などには積極的に参加、自己研鑽を行い、女性の立場に立った支援を心がけています。

カテゴリ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/27 公開シンポジウム「家族とジェンダーをめぐる法律/法律案がはらむ諸問題」

公開シンポジウム「家族とジェンダーをめぐる法律/法律案がはらむ諸問題」

1.主 催:日本学術会議社会学委員会ジェンダー政策分科会
  共 催:日本学術会議社会学委員会ジェンダー研究分科会、法学委員会ジェンダー法学分科会、
       法学委員会社会と教育におけるLGBTIの権利保障分科会
2.日 時:平成29年1月27日(金)18:00~20:00
3.場 所:東京大学赤門総合研究棟2階 A200教室
4.申込み不要・参加費無料
5.開催趣旨:
  「女性の活躍」が謳われる一方で、女性の権利を制約し、家族内でのケア役割に固定化するおそれのある法律
および法律案が実現に移されようとしている。具体 的には、家庭教育支援法案、親子断絶防止法案、自民党の憲
法改正草案(特に24条)、改正教育基本法などである。
 それらの問題性を改めて議論し、それらに 代えて日本社会の目指すべき方向性を検討することを本シンポジウム
の目的とする。

6.内 容:
18:00 シンポジウムの趣旨説明
     本田 由紀*(日本学術会議第Ⅰ部会員、東京大学教育学研究科教授)
18:10 家庭教育支援法案について
     二宮 周平(日本学術会議第Ⅰ部連携会員、立命館大学法科大学院教授)
18:30 親子断絶防止法案について
     千田 有紀(武蔵大学社会学部教授)
18:50 自民党憲法改正草案について
     若尾 典子(佛教大学社会福祉学部教授)
19:10 内閣府の婚活支援策について 
     内藤忍(労働政策研究・研修機構副主任研究員)
19:30 総合討論
     (司会)伊藤 公雄(日本学術会議第Ⅰ部会員、京都大学文学研究科教授)
20:00 閉会挨拶
     後藤弘子(日本学術会議第Ⅰ部会員、千葉大学文学研究科教授)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。